アルギニンとシトルリン

アルギニンサプリメントの効果で精力増強(ED治療薬や性力増強剤は不要)

アルギニンとシトルリンの密接な関係

成長ホルモンの分泌を促す効果から、ボディビルダーといった良質な筋肉を求める方や運動をよくするという人などが栄養補助食としてよく口にするものに、アルギニンが含まれるサプリや食べ物があります。

ご存知の方も少なくないかと思いますが、アルギニンは体内で生成できるアミノ酸の一種で、アミノ酸の一種ですからタンパク質を作るのに欠かせない成分でもあります。成長ホルモンの分泌を促すのはもちろん、それ以外にもアンモニアの解毒作用や免疫力を高めて病気になりにくい体を作るという効果があります。

ただし、アルギニン単体で摂取しても吸収がスムーズになされないというデメリットがあります。このデメリットを解消するために、アルギニンの吸収をスムーズにしてくれるビタミンB6やシトルリンと一緒に摂取するようにする必要があるのです。

ビタミンB6は分かるけどシトルリンって何?と思われるかたもいるのではないでしょうか。シトルリンとアルギニンは非常に密接な関係にあるものですから、知っていることで得はしても損はしないかと思います。

シトルリンはアルギニンと同様にアミノ酸の一種です。しかし、シトルリンはアルギニンと違い、タンパク質を構成する働きを持つアミノ酸の一種ではなく、タンパク質を構成するアミノ酸が不足してしまった時にだけタンパク質の構成をお手伝いする遊離アミノ酸に分類されるのです。

アミノ酸の一種であるという以外、どこにこの2つに密接な関係があるのか疑問に思われた方もいるのではないかと思いますが、アルギニンとシトルリンは一酸化窒素サイクルによって相互変換されるものなんです。

簡単に言うと、アルギニンと一酸化窒素合成酵素が結びつくことによってシトルリンに変換され、シトルリンはまた一酸化窒素合成酵素と結びつくことによってアルギニンへと変換されるのです。これでこの2つが密接な関係にあるというのは理解して頂けるかと思います。

この2つが相互変換されるのならば実際にサプリなどで補うとなった時、アルギニンとシトルリンのどちらを補えばいいのか悩んでしまいますよね。どちらも補ってあげるのがベストですから、両方のサプリを飲む、もしくはどちらも配合されているサプリを飲むというのがいいのです。しかし、実際問題、金銭面等を考えるとどちらか一方という人の方が多くなるかと思います。

もしもどちらか一方しか摂れないようでしたら、おすすめはシトルリンの方です。アルギニンは先ほども書いた通り、それ単体で摂っても吸収が上手くいかないものですが、シトルリンはそれ単体で摂ってもしっかりと吸収されるんです。

ですから、シトルリンを摂ってさえいれば体内の一酸化炭素サイクルで自然とアルギニンも生成されますから、両方ともは難しいという方の場合、シトルリンを摂るようにするだけで十分ともいえるんです。